2020年05月06日

空中結像画像

4〜5年くらい前に、幕張メッセで
開催された、「シーテック」という新技術の展示会で、
空中結像画像を実体験しました。

広島に本社のある、結婚式写真(ビデオ)などを
中心とした業務をやっていた
「アスカネット」という会社が。特殊な「プレート」を発明しました。

様々なSF映画などで、遠方にいるキャラクターが
テーブルの上に、立体的な映像で現れて会話をするシーンがあります

正に、このシーンが現実的に見ることができる技術となります。

これは、パソコン画面などの「平面」では、わかりづらいのですが。
現実的にシーテックの会場では、
トイレのウオッシュレットのスィッチパネルが、
リアルに空中に浮いて見えました。

この空中部分のスィッチを触れると
センサーで水を流したり、止めたりすることができます

あまりにリアルな3D画像に驚いた記憶があります。

銀行のATMや、会社の受付電話
(普通は受話器やタッチパネルなどがあります)などや、
医療の現場など。
衛生面で「非接触」が望ましい分野があると思います。

スマホの操作も空中で行うとか。
いずれ、出てくる技術と思いますが、楽しみにしています。
(2020年5月6日)
posted by こぬま at 00:00| Comment(0) | 日記